ビタミンC誘導体の効果ってどうなの?ピュアビタミンとの違いとは?

ビタミンC誘導体はビタミンCと違うの?





ビタミンCの誘導体というものはもともとは、ビタミンCがとても不安定で壊れやすいということからビタミンC誘導体は作られています。


ビタミンCをそのまま肌にとりこもうとしても、肌への刺激が強くそのまま肌につけても、すぐに酸化してしまうので肌には効果がないと言われています。


こういった理由もあり、ビタミンC誘導体というものが作られています。


ビタミンC誘導体は美白効果はあるの?





ビタミンC誘導体は基本的にはビタミンCからできているわけですが、ビタミンCの基本的な効果は、漂白にあります。


漂白効果があるので、つまりビタミンC誘導体には、肌の表面を漂白するという効果もあるといわれます。


ただ本来の意味で美白を目指すのであれば、お肌の奥から新しい細胞を押し出して肌を再生するような効果があるプラセンタなどを使う方がより効果的といわれます。





ただプラセンタなどを使った場合は奥にあったシミが表面に出てきて、それがなくなるまでは少し時間がかかるので、そういった意味では即効性はないという点があります。


実際ターンオーバーの周期は20代の方でも28日くらいは必要なのでそのことを考えると、1,2ヶ月は使いはじめてからでもシミはなくならないという点で、プラセンタよりビタミンC誘導体の美容液を選ぶ方がいます。


ビタミンC誘導体のシミ効果は?





ということで、ビタミンC誘導体はシミへの効果としてはビタミンCの持っている漂白効果を期待して配合されているのですが、実は最近ではビタミンCの特徴をより生かすために、ビタミンC誘導体よりも、浸透しやすく、なおかつ、ビタミンC自体の含有量もより高い成分が開発されています。


それが、ピュアビタミンといわれる成分です。


浸透のしやすさは、ビタミンC誘導体では、最短でも6時間とされるのですが、ピュアビタミンでは即浸透します。


また、ビタミンC誘導体においては、ビタミンCの配合量は約50%ですが、ピュアビタミンでは100%ビタミンCとなります。


そういった特性のもののほうが、美白効果やシミ効果はたかいとおもわれるので、今までビタミンC誘導体の美容液をつかってきたけど、いまいち効果がないと感じるかたは、一度お試ししてみるといいとおもいます。


↓↓とにかくピュアビタミン配合の美容液を試してみる?↓↓


 

サイトマップ